インクのリサイクル

最近では、地球にやさしいエコ製品が増えており、さまざまな分野において環境を考えた製品があります。車から電化製品、私たちの生活においてもエコを意識した製品が多数あるといえます。その中でインクもリサイクル製品となっており、オフィスなどで浸透しているといいます。

日本では、2000年に「循環型社会形成推進基本法」という法律が成立しました。大量生産によって、膨大となった廃棄物の処理などが困難となり問題となっていました。そのため、このような法律が制定されたのです。「3Rの理念」に基づいて、それぞれの業界で取り組まれているといいます。「3R」とは、リデュース(減らす)・リユース(繰り返し使う)・リサイクル(再資源化)の略であり、さまざまな企業が環境事業として行っています。また、経費削減を考えてリサイクル製品を使用する企業も多いため、オフィスで使用するコピー用紙やノートなど再生紙を利用する企業も増えてきています。

プリンタやコピー機、複合機など多く使用するためトナーにかかる経費もかさみます。そこで、リサイクルトナーを利用することによって、経費を抑えることができるのです。リサイクルトナーとはどのような製品でしょうか。リサイクルトナーとは、使用済みのトナーカートリッジを回収して、新しくトナーを充填して販売されている商品です。では、ここではリサイクルトナーの特徴やメリット・デメリットを純正トナーと比較しながら説明します。

トナーの特徴

トナーの種類は、「国内純正品」「輸入純正品」「汎用品」「メーカー純正リサイクル品」「リサイクル品」と、さまざまな製品があります。その中で、リサイクルトナーは、回収したトナーカートリッジを分解して・・・

詳細はこちら

トナーのメリット

最大のメリットは、高品質であって低価格であるということです。純正品トナーに比べて半値に近い製品やそれ以上に安い製品もあります。また、環境にやさしく廃棄物を減らしエコに貢献している製品と・・・

詳細はこちら

トナーのデメリット

さまざまな経済状況により、リサイクルトナーを使用する企業が増えているといいます。この製品は純正トナーに比べ低価格であり、資源を有効活用していることがメリットといえますがデメリットもありま・・・

詳細はこちら